NEW

生成AI時代のカスタマーサポートをテーマに「PKSHA AI Summit for Contact Center 2024」を2024年6月4日(火)開催

service

東京大学松尾豊教授、みずほフィナンシャルグループ宇井氏、リックテレコム矢島氏が登壇決定ーCSとAIの未来を考察し、生成AIを活用した戦略的アプローチを提案します。

 株式会社PKSHA Technology(本社:東京都文京区、代表取締役:上野山 勝也、以下PKSHA)は、グループ会社である株式会社PKSHA Communication(本社:東京都文京区、代表取締役:佐藤 哲也)が、オフラインカンファレンス「生成AIが切り開く次世代カスタマーサポート」を2024年6月4日(火)に開催することを決定いたしました。(事前登録制・参加費無料)
イベント公式サイト:https://aisaas.pkshatech.com/cs-summit2024

  • AI×CSが変革する未来のビジョンー生成AIがもたらすカスタマーサポートの進化と未来とは

 カスタマーサポート業界は今、2つの大きな課題と類を見ない機会の両方に直面しています。1つの課題は、人口動態の変化と高い離職率が引き起こす慢性的な人材不足。もう1つの課題は、ICTの発展により顧客と企業が常時繋がり、顧客はいつでも即座にサポートが得られることを期待していることです。顧客エンゲージメントの巧拙は、顧客が企業を選択する基準となっています。

 一方、生成AIをはじめとするテクノロジーは、これらの構造的な課題を解決し、顧客体験を大幅に向上させる可能性を秘めています。AIを活用して顧客エンゲージメントを高めることは、現代の企業運営における中核的な戦略となりつつあります。

 本カンファレンスでは、カスタマーサポート専門家、AI専門家、および、業界で先進的なAI活用を進める企業を招き、「カスタマーサポート× AI」の現在と将来の展望に関する深い洞察を提供します。

  • イベント概要:
    イベント名       : PKSHA AI Summit for Contact Center 2024〜生成AIが切り開く次世代カスタマーサポート〜
    日時            : 2024年6月4日(火) 13:30~18:00
    開催場所      : 東京国際フォーラム ホールB5(事前登録制・無料) ※当日のライブ配信はございません
    参加費・参加方法  : 事前申込制(無料)
    申し込みはこちら  :https://aisaas.pkshatech.com/cs-summit2024#to-apply
    参加対象      : 経営層、カスタマーサポート、カスタマーサクセス、DX推進など
    ※本カンファレンスは参加対象者を限定しており、法人様向けとなります。
    個人の方、対象者以外の方や協賛企業と競合の方などのお申込みはご遠慮いただいております。
    主催         : 株式会社PKSHA Communication

  • 登壇者情報

業界をリードする専門家たちが集結し、生成AIがもたらす革新的なカスタマーサポートの未来を展望します。

東京大学 大学院 工学系研究科 教授 松尾 豊 氏
1997年 東京大学工学部電子情報工学科卒業。2002年 同大学院博士課程修了。博士(工学)。産業技術総合研究所研究員、スタンフォード大学客員研究員を経て、2007年より、東京大学大学院工学系研究科准教授。2019年より、教授。専門分野は、人工知能、深層学習、ウェブマイニング。人工知能学会からは論文賞(2002年)、創立20周年記念事業賞(2006年)、現場イノベーション賞(2011年)、功労賞(2013年)の各賞を受賞。2020-2022年、人工知能学会、情報処理学会理事。2017年より日本ディープラーニング協会理事長。2019年よりソフトバンクグループ社外取締役。2021年より新しい資本主義実現会議 有識者構成員。2023年よりAI戦略会議座長。

株式会社みずほフィナンシャルグループ リテール・事業法人カンパニー副カンパニー長兼グループ副 CDO 宇井 昭如 氏
1966年生まれ。株式会社リクルート、株式会社インデックス ソリューション局 局長、日本マクドナルド株式会社 デジタルマーケティング部 上席部長、エルゼビアジャパン ヘルスサイエンス部門ディレクター、株式会社ミスミグループ本社 DXプラットフォーム 上席執行役員、株式会社みずほ銀行 執行理事 リテール・事業法人部門副部門長(特定業務担当)を経て、現職。

『コールセンタージャパン』編集長 矢島 竜児 氏
1968年生まれ。広告代理店、食品業界紙記者、コピーライターを経て、1998年に株式会社リックテレコム入社。コールセンター/CRM業界向けの専門誌「月刊コンピューターテレフォニー」編集部の創刊スタッフとして勤務。2008年から同誌編集長。2016年7月、「月刊コールセンタージャパン」に誌名変更。
「コールセンター/CRM デモ&コンファレンス」などのイベント企画、業界唯一のデータブック「コールセンター白書」の編集、表彰制度「コンタクトセンター・アワード」の主催、審査員も務める。

株式会社PKSHA Technology    代表取締役 上野山 勝也
未来のソフトウエアの研究開発と社会実装をライフワークとし、人と共進化/対話をする多様なAIアシスタントを創業以来累計約2600社に導入。
ボストン コンサルティング グループ、グリー・インターナショナルを経て、東京大学松尾研究室にて博士(機械学習)取得後、2012年PKSHATechnologyを創業。内閣官房デジタル行財政改革会議構成員、内閣官房デジタル市場競争会議構成員、デジタル庁参与等の公務に従事し、社会におけるAI/ソフトウエアの在り方を検討。

◆PKSHA Communicationについて
「Weave Trust:企業と顧客の信頼性を紡ぎ、コミュニケーションを”選ばれ続ける理由”へ」を事業ビジョンに、PKSHA FAQ、PKSHA Chatbot、PKSHA Voicebot、PKSHA Speech Insightなど複数のコミュニケーションAI SaaSで企業と顧客の複数のコミュニケーション接点を最適化する<PKSHA Communication Cloud>の開発・提供を行っています。<PKSHA Communication Cloud>はPKSHAのもつAI技術及びコンサルティングサービスをベースに、チャネルを横断した顧客体験の最適化・企業の顧客接点運営の課題解決を実現する、総合ソリューションです。

◆PKSHA Technologyグループについて
「未来のソフトウエアを形にする」をミッションに、企業と人の未来の関係性を創るべく自社開発した機械学習/深層学習領域のアルゴリズムを用いたAIソリューションの開発・AI SaaSの提供を行っています。自然言語処理技術を用いた自動応答や、画像/動画認識、予測モデルなど多岐に渡る技術をベースに顧客の課題にあわせた解決策を提供する他、共通課題を解決するAI SaaSの展開により、ソフトウエアの社会実装を多面的に支援し、人とソフトウエアが共に進化する豊かな社会を目指します。
会社名:株式会社PKSHA Technology
所在地:東京都文京区本郷 2-35-10 本郷瀬川ビル 4F
代表者:代表取締役 上野山 勝也
URL: https://www.pkshatech.com/

  • Top
  • News
  • 生成AI時代のカスタマーサポートをテーマに「PKSHA AI Summit for Contact Center 2024」を2024年6月4日(火)開催