PKSHA SCM

在庫破棄を、この世からなくそう

商品や製品が作られてから消費者に届くまでの流通ネットワークでは、廃棄ロス・売上の機会損失・現場のオペレーション負荷といった多くの課題が日々発生しています。
PKSHA Technologyは、最先端のデジタル技術で流通・小売企業のバリューチェーン上の課題やオペレーションを改善します。

このようなお客様へ

  • 消費財・食品メーカー様

    • マーケティング費用の最適化
    • 棚割業務の効率化・自動化
    • 小売業向けのデータ分析
    • その他サプライチェーンの最適化
  • 食品、アパレルなどの小売事業者様

    • 発注業務の自動化・効率化
    • 在庫の最適化
    • シフト作成の自動化

ニーズに合わせた
ソリューション

需要予測・最適化ソリューション

最先端のアルゴリズムにより需要予測モデルを構築。商品販売数や来客人数の予測を高い精度で実現します。予測した需要に基づき、在庫や人の配置、プライシングなどコストの最適化やオペレーションの自動化を実現します。既に多くの小売業様でご採用いただいております。

  • 高い技術とオペレーションの理解に基づくインパクト創出

    • 天候など独自データや最先端のアルゴリズムを駆使
    • アパレルや食品小売などの業態ごとの特性を踏まえたチューニング
    • 在庫や人員配置、プライシングなど業務の特性を踏まえた最適化アルゴリズムの構築
  • 多くの大手小売業様での導入実績

    • 在庫最適化アルゴリズムにより年数億円〜の在庫効率化効果(小売業)
    • 人員配置最適化により年数千万円の業務自動化効果(サービス業)
    • 生産量・発注最適化により年数億円の売上効果(小売業)

棚割自動化・最適化ソリューション

メーカーや卸で膨大な作業となっている棚割作業を自動化するソリューションです。クライアントの要望に適した数理最適化アルゴリズムを選定、過去の棚割りの傾向や商品の優先度を踏まえて数百店舗の棚割のデザインを自動で生成します。

  • トップクラスのエンジニアによる最適化ソリューション

    • オペレーションズリサーチ、数理最適化領域におけるトップサイエンティスト・エンジニアが開発を担当
    • クライアント企業様のニーズに応じた店舗別棚割の自動作成アルゴリズムを構築します
  • スピーディで質の高い導入を実現

    • 既存の最適化モジュールをセミカスタマイズすることによって、スピーディで高いクオリティを担保した導入が実現可能
  • 棚割システムとの連携実績

    • 幅広く利用されている既存の棚割システムと連携可能な自動化アルゴリズムをご提供
    • システムの入れ替えやオペレーションの変更なく導入が可能

シフト作成自動化・最適化ソリューション

リテール現場で大きな負荷となっているシフト表作成業務を自動化するソリューションです。企業ごとに異なる複雑な現場状況を考慮し、カスタマイズしたアルゴリズムを構築します。

  • 現場の事情に合わせカスタマイズしたアルゴリズムを構築

    • 汎用ソフトウエアでは実現できない、各社の現場事情に合わせた細やかにカスタマイズしたアルゴリズムを構築・提供いたします。
  • 管理者によるシフト作成の工数削減に貢献

    • 導入頂いている企業では、日々の管理者の方のシフト作成の大幅な効率化に貢献しています。
  • コンプライアンスの遵守、従業員満足度の向上

    • 工数削減効果だけでなく、コンプライアンス遵守・従業員満足度の向上といった経営のサステナビリティにも貢献します。

Why PKSHA ?

  • PKSHA Modulesの活用

    PKSHA ReSearchで開発した自然言語処理、音声/画像認識・合成、予測・推論・最適化などの既にあるアルゴリズムモジュールを活用できます

  • ニーズへの柔軟なカスタマイズ

    パッケージ製品と異なり、各業界・企業の事業ニーズに応じたカスタマイズが可能で、事業戦略上のゴール達成に向けた付加価値を創造します

  • 2,000社を超える導入実績

    創業から10年で2,000社以上のパートナー企業にソフトウエア・アルゴリズムを提供しています。POCではなく商用利用にフォーカスします

導入ステップ

導入事例

  • 棚割自動化・最適化ソリューション

    アサヒグループホールディングス株式会社にPKSHA Technology棚割ソリューションを提供

    アサヒグループホールディングス株式会社

    内容
    棚割作成業務とは売場の陳列計画を作成するもので、専門性と一定の経験値が求められるとともに、膨大な作業時間を要するものとなっています。そのため担当者にとって大きな重荷となる一方で、売上最大化のための重要な業務であることから、アサヒGHDにとっての課題となっていました。

    PKSHA Technologyの棚割ソリューションを導入することにより、陳列したい商品一覧や過去の売場情報などからAIにより自動で棚割が作成されることで、経験が浅い社員でも棚割作成業務を担当し、また棚割作成に要する時間を従来の約65%削減することが出来る見込みです。